2011年05月19日

鳥みたい

P1010237.JPG

植物をうえたら息苦しさがだいぶ和らいだように思います。
クワズイモの影が、鳥みたいです。

ドラムマガジンで楽器について話す機会があって
改めて考えさせられましたが
楽器に対しては、パートナーを思うような気持ち
と言ったけれど本当にそうで、
どんな楽器を選んでも
やっぱり自分と足並みが揃ってなければ
その良さも半減してしまうのです。

その楽器それぞれの
一番良い音で鳴るポイント、ショット、強さを知って
一番生き生きと、楽器を生かしていかなければなぁ、と改めて思います。





posted by yoko at 22:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラムマガジン拝見しました!
去年からドラムをはじめて、そろそろ
自分の機材も欲しくなってきてることもあり
興味深く記事をよませていただきましたが、
プレイヤーとしてのストイックさには
屈服をおぼえました(^^;)

また、柴咲コウさんの「wish」は
単純にすごく良い曲だなって思っていたら
yokoさんが参加されてらっしゃるということで
なんだか嬉しくなりました。

これからの活動も楽しみにしています!
Posted by zen56 at 2011年05月20日 16:47
zen56さん
ドラム始めたんですね!良い楽器に出会えますように!
楽器は出会いなので。。きっと不意に出会いが訪れますよ〜。
ドラム楽しんでくださいね、私もがんばります!

Posted by yoko at 2011年05月20日 23:01
ドラムマガジン見ました!
楽器がほとんど出来ないので専門誌を手に取ることは滅多に無いのですが、今回の企画は凄く面白かったです。
相棒たちのお話はもちろんですが、個人の人間性・姿勢も垣間見れたので。

私も喜怒哀楽をこれからも沢山表現していきたいなぁと改めて思いました。
ジャンルや作り出すものが違っても負けてらんねぇな、と(笑)
Posted by kuonこと、S at 2011年05月21日 21:22
kuonさん
ドラムの雑誌なのでピンポイントに楽器の話だけになりましたが
実際バンドに入るとひとたび、喜怒哀楽がただの主観で終わっては
ならない、音楽的な役割の1ピースになります。
表現って、難しいですよね。。
自分のアウトプットとして必要なもの、
でも人の為にあるもの。。
お互い負けらんねぇ精神で頑張りましょう!
Posted by yoko at 2011年05月22日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。